Skip to content

タカマル鮮魚店3号館で「あごだしの素」購入。

久々に西新宿の青梅街道沿いを歩いていて気が付いた、鮮魚や海鮮の惣菜(かき揚げや照り焼きなど)を売っていた店。

image

店頭ではお弁当やおにぎりと並んで、しらすのビニール袋詰めや、あおさなどの加工食品が売られていた。その中で、「あごだしの素」という瓶があるのを見つけて、即買うことにした(398円)。

あごだしと言えば、一昨年(2012年)に広島に旅行した際に買った、あご(トビウオ)1尾と昆布1枚が丸々入った「だし道楽」。豆腐にそのままかけたり、鍋物・煮物・炒め物にと、あまりの万能ぶりに重宝していたが、使い切った後、通販で買うしかないなと思っていた。

R0013472

今回買った「あごだしの素」は顆粒状のもので、溶いて使うもの。帰宅してさっそくそのままなめてみたところ、濃厚なあごだしの味が口の中に広がった。これだ、この味だ!
また、瓶のフィルムにはご丁寧に、顆粒・醤油・みりんの量を指示する目盛りとともに、「2度おいしい」として、あごだし醤油の作り方ガイドが記されている。顆粒が残り少なくなったら、この瓶をそのまま使ってだし醤油を作れるようになっているのだ。店頭には、同じシリーズで「牡蠣だしの素」「海老だしの素」も置いてあったので、今度そちらも買っておきたい。

image

お店にいつも置いているのかな?
本当は、あごそのもので出汁をとるのがもちろん一番美味しいだろうけど(「だし道楽」もこの「あごだしの素」も、「調味料(アミノ酸等)」の表示あり)、こういう手軽な製品はやっぱり便利なので、うまく使いたい。

タカマル鮮魚店は、同じ西新宿エリアに1号館・2号館、またアメリカのロサンゼルスにも開店済み、食べログを見るとボリュームたっぷりの海鮮が評判のようなので、食事にも行ってみるつもりです。

タカマル鮮魚店 3号館 – 新宿/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *