Skip to content

Queenのプレイリスト

ふと思い立って、iTunesで、Queenの好きな曲を、1アルバムにつき1曲という制限を設けてプレイリストを作ってみた。

  1. "Keep Yourself Alive” from “Queen”
  2. “Ogre Battle” from “Queen II”
  3. “Brighton Rock” from “Sheer Heart Attack”
  4. “Death On Two Legs” from “A Night At The Opera”
  5. “You And I” from “A Day At The Races”
  6. “All Dead, All Dead” from “News Of The World”
  7. “If You Can’t Beat Them” from “Jazz”
  8. “Dragon Attack” from “The Game”
  9. “Football Fight” from “Flash Gordon”
  10. “Put Out The Fire” from “Hot Space”
  11. “Hammer To Fall” from “The Works”
  12. “One Vision” from “A Kind Of Magic”
  13. “The Invisible Man” from “The Miracle”
  14. “Headlong” from “Innuendo”
  15. “Let Me Live” from “Made In Heaven”

Queenには4つの時期があると思っている(日本語版Wikiediaでの区分けともほぼ同じになった)

  • 初期(1~3): ハードロックバンドだが、ブルースベースのものではなく、あくまで独自の作風を武器にしていた時期。
  • 中期1(4~7): ハードロックを保ちながらも、従来の音楽形式を取り入れてバラエティを増した時期。
  • 中期2(8~10): 徐々に、同時代の音楽(主にファンクやディスコ)にも接近した時期。
  • 後期(11~15): どんな音楽もQueenの流儀で演奏できるようになった円熟期。ロックはとことんロックに、アダルトなバラードはひたすらムーディーに。

何度でも「アルバム1枚まるまる」聴けて、Queenを聴いているという充足感が得られるのは、初期~中期1だが、その後も名曲を数々生み出しており、むしろ世界的なバンドになっていったのは中期2以降。後期のアルバムなんかは、曲名を聴いてもパッと曲が浮かばないものもあるので、またよく聴いてみなければ。

引っ越した。

引っ越した。

油揚げとしいたけとほうれん草と豆腐の煮物

夜はよく、ありあわせの野菜と豆腐や油揚げを一緒に煮て食べます。単品でも炭水化物抜きの夜食として良いし、翌朝、たんぱく質の増強と炭水化物の補給のために卵でとじてうどんやご飯にぶっかけて、と重宝。

[材料]
油揚げ: 1枚
ほうれん草: 3株
しいたけ: 3本
豆腐: 1丁
水、酒、醤油、みりん: 適量
ゆずこしょう: 適量

[作り方]
1, 油揚げは、油抜きをしてから短冊切りに。ほうれん草は、茎をみじん切りにして葉は一口大に。しいたけは、いしづきをみじん切りにして傘はスライス。
2. ごま油で、まずほうれん草の茎としいたけのいしづきを炒める。
3. 次いで、油揚げ、しいたけの傘を加えて、油がなじんだらほうれん草の葉を入れてさらに炒める。
4. 全体がしんなりしたら、水と酒を同量くらいのバランスで、具材が浸るくらいにそそぐ。
5. 一煮立ちしたところで、豆腐をスプーンで削って入れて、もう一度一煮立ちさせる。
6. 醤油とみりんを一回しずつ入れて全体を軽く混ぜ合わせる。
7. 蓋をして中火で5分ほど煮る。(煮具合はお好みで。)
8. 出来上がり。ゆずこしょうを乗せて食べる。

R0014550

タカマル鮮魚店3号館で「あごだしの素」購入。

久々に西新宿の青梅街道沿いを歩いていて気が付いた、鮮魚や海鮮の惣菜(かき揚げや照り焼きなど)を売っていた店。

image

店頭ではお弁当やおにぎりと並んで、しらすのビニール袋詰めや、あおさなどの加工食品が売られていた。その中で、「あごだしの素」という瓶があるのを見つけて、即買うことにした(398円)。

あごだしと言えば、一昨年(2012年)に広島に旅行した際に買った、あご(トビウオ)1尾と昆布1枚が丸々入った「だし道楽」。豆腐にそのままかけたり、鍋物・煮物・炒め物にと、あまりの万能ぶりに重宝していたが、使い切った後、通販で買うしかないなと思っていた。

R0013472

今回買った「あごだしの素」は顆粒状のもので、溶いて使うもの。帰宅してさっそくそのままなめてみたところ、濃厚なあごだしの味が口の中に広がった。これだ、この味だ!
また、瓶のフィルムにはご丁寧に、顆粒・醤油・みりんの量を指示する目盛りとともに、「2度おいしい」として、あごだし醤油の作り方ガイドが記されている。顆粒が残り少なくなったら、この瓶をそのまま使ってだし醤油を作れるようになっているのだ。店頭には、同じシリーズで「牡蠣だしの素」「海老だしの素」も置いてあったので、今度そちらも買っておきたい。

image

お店にいつも置いているのかな?
本当は、あごそのもので出汁をとるのがもちろん一番美味しいだろうけど(「だし道楽」もこの「あごだしの素」も、「調味料(アミノ酸等)」の表示あり)、こういう手軽な製品はやっぱり便利なので、うまく使いたい。

タカマル鮮魚店は、同じ西新宿エリアに1号館・2号館、またアメリカのロサンゼルスにも開店済み、食べログを見るとボリュームたっぷりの海鮮が評判のようなので、食事にも行ってみるつもりです。

タカマル鮮魚店 3号館 – 新宿/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

twitterまとめ(2013年11月16日~11月30日)

11月28日(木)

この曲をカバーすることになりました。Black Sabbath “Wheels Of Confusion / The Straightener” bit.ly/1fJ2BYT 声出るかな。真面目に歌の練習もしないとだ。

posted at 00:31:50

11月25日(月)

今日も新しい仲間が!baby taylorというミニギターで、小さいのにとても力強く鳴るので、ずっと弾いていたくなる! instagram.com/p/hGnaHyFY6k/

posted at 01:06:59

11月23日(土)

今日届いた新しい仲間(アンプ)。 instagram.com/p/hBX8cBlY_9/

posted at 00:12:28

11月18日(月)

写真を投稿しました instagram.com/p/g2tAaUFYxL/

posted at 20:45:10